厄介なアライグマの駆除を実行|自宅に棲み着く厄介な害獣

ネズミの被害

家

人が生活を送る上で、様々な部分で問題となっているのが害獣や害虫の問題です。これらの障害を効果的に解消していくことで、将来的な問題を大きく改善していくことが出来ると言えるのです。

More Detail

野生動物から害獣へ

アライグマ

ハクビシンという野生動物について

皆さんは、ハクビシンやアライグマという野生動物についてご存知でしょうか。ハクビシンはジャコウネコ科の動物で、頭胴長が65センチほどで、約40センチの尾を持っています。 そして、比較的運動能力が高く、電線の上を移動することもできるのです。 また、野菜や果物が好物で、畑を荒らすことでも知られています。ですから、農家からすると困った害獣になる訳です。 そのハクビシンが、最近では民家の屋根裏などに棲みついて、被害を出すようになっているのです。具体的に言うと、ハクビシンは決まった場所で糞尿を排泄しますから、悪臭が発生したり天井にシミができたりするのです。また、ノミやダニがわき人が刺される等、二次的被害も発生することになるのです。

ハクビシンが屋根裏に棲みついたら

ハクビシンアライグマが屋根裏に棲みついたら、ハクビシン駆除を行う必要がありますが、ハクビシン駆除は許可がないと行うことができません。なぜならば、鳥獣保護法により守られているからです。ですから、許可を持った害獣駆除業者にハクビシン駆除を依頼する必要があるのです。 ハクビシン駆除を行う害獣駆除業者は、インターネットで探すことができます。特に、一括見積もりサービスを使うと、複数の害獣駆除業者からハクビシン駆除に必要な料金見積もりを取ることができます。 ハクビシン駆除は、ハクビシンを屋根裏から追い出してから、糞尿の清掃や消毒を行い、侵入口を塞ぐ作業が必要です。再発を防ぐためにも信頼できる害獣駆除業者を見つけましょう。

南京虫の繁殖力

男性女性

南京虫は、シラミの一種として知られ、非常に大きな繁殖力を有し、早急に対策を取らなければ、大きな被害を出してしまう可能性を有している害虫の一つです。専門の殺虫剤などで駆除しましょう。

More Detail

木造建築の大敵

一軒家

シロアリは、日本のような木造住宅の多い地域にとっては大敵と言えるでしょう。木を主食とし、そこからコンクリートまでを捕食するため、住宅を崩壊させかねない存在なのです。早急な対策が求められています。

More Detail